iOS16.4がiPhone14 Proの常時表示ディスプレイのバッテリー消費を搭載

    iOS16.4 battery consumption

    iOS16.4 battery consumption
     
    iOS16.4には、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxで常時表示ディスプレイをオンにしている際のバッテリー消費状況を表示する機能が搭載されると9to5Macが報告しています。

    実験結果により大きく異なる常時表示ディスプレイでのバッテリー消費

    iOS16.4ベータ版から、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxで常時表示ディスプレイをオンにしている際のバッテリー消費状況を確認できるようになることが明らかになりました。
     
    本機能は、両モデルの「設定」アプリ内の「バッテリー」メニュー内に追加されるようです。
     
    9to5Macは、iPhone14 ProとiPhone14 Pro Maxで常時表示ディスプレイをオンにした場合、24時間で最大20%バッテリーを余分に消費する可能性があると述べています。
     
    また、ロック画面の壁紙をオフにしても14%余分にバッテリーを消費するとのテスト結果も報告されていると、同メディアは伝えています。
     
    ただし、常時表示ディスプレイをオンにしても0.6%〜0.8%しかバッテリーを余分に消費することはなかったとの実験結果もあるだけに、iOS16.4でバッテリー消費状況確認項目が追加されればユーザーごとのバッテリー消費状況が容易に確認できるようになります。

    常時表示ディスプレイが画面焼付きの原因との指摘も

    バッテリー消費とは別に、常時表示ディスプレイがOLEDディスプレイの焼付きを誘発しているのではないかとの指摘もなされています。
     
     
    Source:9to5Mac
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次