iOS16.4でソフトウェア・アップデートの設定からベータ版がダウンロード可能に

ios16.4 ベータ アップデート

ios16.4 ベータ アップデート
 
iOS16.4/iPadOS16.4ベータで、Appleの開発者プログラムに登録済みのユーザーは、ソフトウェア・アップデートの設定から直接ベータ版のダウンロードか可能となりました。

最新のベータ版へのアップデートで機能は自動的に有効に

これまで開発者向けベータをデバイスにインストールするには、Developer Centerからプロファイルをダウンロードする必要がありましたが、iOS16.4/iPad16.4からベータ版のダウンロードが容易になっています。
 
Appleは新たなベータ版のダウンロード方法について、次のように記載しています。
 

iOS16.4/iPadOS16.4ベータから、Apple Developer Programのメンバーは、設定のソフトウェア・アップデートから直接デベロッパベータを有効にする新しいオプションが表示されるようになります。この新しいオプションは、すでにプログラムに登録されているデバイスが最新のベータ版にアップデートすると自動的に有効になります。
 
設定にこのオプションを表示するには、iPhoneまたはiPadがApple Developer Programに登録する際に使用したのと同じApple IDでサインインしている必要があります。今後のiOSおよびiPadOSのリリースでは、この新しい設定がデベロッパベータを有効にする方法となり、構成プロファイルはアクセスを許可しないようになります。

 
iOS16.4では、ホームスクリーンにアプリ形式で保存したWebページからプッシュ通知を受け取れるようになったり、新たに31文字の絵文字が利用可能となっています。
 
 
Source:MacRumors
(lexi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次