iPhone14 Pro Maxで時刻表示跡などの画面焼付きの事例が海外で報告

    iPhone14_Pro_Max_burn_5_1200

    iPhone14_Pro_Max_burn_5_1200
     
    iPhone14 Pro Maxで、時刻表示やDynamic Islandの表示跡など有機EL(OLED)ディスプレイの焼付きの事例が複数報告されたとiMediaが報じています。

    ロック画面とホーム画面のいずれでも焼付き発生の懸念あり?

    iMediaが報じたのは、iPhone14 Pro Maxにおいて、時刻表示跡が残ってしまっているものと、Dynamic Islandの表示が横に伸びているような不具合で、いずれもOLEDディスプレイの焼付きに起因するものと考えられています。
     
    iPhone14 Pro Max burn_2
     
    このうち、時刻表示とiPhone14 Proシリーズ用壁紙の跡が残ってしまったユーザーの場合、購入から半年しか経過しておらず、Apple Care+にて新品に交換されたようです。
     
    iPhone14 Pro Max burn_2
     
    しかし、Dynamic Islandの表示跡が残っている事例では今後どのような対処がなされるのか、まだ確認できていません。
     
    ロック画面におけるOLEDディスプレイの焼付きだけであれば、iPhone14 Proシリーズの常時表示機能が原因の1つかもしれませんが、Dynamic Islandでも発生しているとなるとその可能性は低くなります。
     
    iPhone14 Pro Max burn_3
     
    iMediaはOLEDディスプレイでの焼付きを防ぐ方法として、ロック画面の壁紙を短期間で変更するなど同じ表示を長時間続けないようにすることを推奨しています。
     
     
    Source:iMedia (1),(2),(3)
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次