2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、MRヘッドセット発表を4月から6月に延期?

    WWDC22

    WWDC22
     
    Appleは同社初の複合現実(MR)ヘッドセットの発表を、2023年4月から6月へと延期したようだと、Bloombergのマーク・ガーマン記者が伝えています。

    MRヘッドセットはWWDC23で発表か

    同記者が入手した最新情報によると、AppleはMRヘッドセットを4月ではなく、毎年6月に開催している世界開発者会議(WWDC23)で発表する計画のようです。
     
    Appleは当初4月の発表を予定していたものの、ハードウェア、ソフトウェアの両面で改良が必要なことから、6月に延期することを2月の初めに決定した模様です。

    繰り返される発表時期「延期」の報道

    Appleは当初は拡張現実(AR)/仮想現実(VR)ヘッドセットといわれていた同技術の開発に2015年頃から取り組んでいるとされています。しかしその発表時期については繰り返し「延期」が伝えられてきました。
     
    一方で2022年後半からは具体的な予想も増えてきました。ガーマン記者自身も2023年に入ってから繰り返しMRヘッドセットについて報じており、1月には「1月にヘッドセット『Reality Pro』が発表予定だったが再延期された」と伝え、さらに別記事でMRヘッドセットの仕様や操作性などについても報じました。
     
    しかし今回の報道によれば、Appleは4月ではなく6月の世界開発者会議(WWDC23)でMRヘッドセットを発表、2023年の後半に発売する予定とのことです。

    Appleは春のイベントを開催するのか

    これが事実だとすると、気になるのは春のイベントの開催の有無です。
     
    AppleがMRヘッドセットの発表を当初4月に計画していたのだとすれば、プレスリリースで発表することはありえないので、当然新製品発表イベントの開催を予定していたはずです。
     
    しかしその主役(であったはず)のMRヘッドセットが発表されないとなれば、4月にイベントを開催する意味はかなり薄れます。しかも現行の13インチよりも大きな15インチディスプレイを搭載した新しいMacBook Airについても、発売は「4月〜6月になる」との予想をDigiTimesが伝えました。
     
    MRヘッドセットに関する今後の情報と合わせて、Appleの春のイベントの動向も気になるところです。

     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次