2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple、独立型ARメガネの開発延期、低価格MRヘッドセット開発へと切り替え

    Meta Quest Pro

    Meta Quest Pro
     
    Appleは現時点でも、同社初の複合現実(MR)ヘッドセットの年内発表を目指しているものの、その製品のあとに発売する予定だった軽量なスタンドアロン(iPhoneなしでも利用できる)の拡張現実(AR)メガネの開発計画は大幅に延期した模様です。Bloombergのマーク・ガーマン記者が伝えています。

    単独で利用可能なARメガネの開発計画を大幅延期

    同記者によると、Appleは当初、MRヘッドセットの発売後に、一般的なメガネ感覚で装着可能で、単独で利用可能なARメガネを投入する計画でした。しかし技術的な課題が山積していることから、この計画は大幅に延期されたとのことです。
     
    Appleは、年内に初のMRヘッドセットを発表した後、それよりも安価で、かつiPhoneと連携して使うMRヘッドセットを2024年〜2025年前半に発売する計画へ切り替えたと、関係者が同記者に語った模様です。

    Metaと競合するヘッドセットを開発か

    2023年中の発売が見込まれるAppleのMRヘッドセットはニッチ市場をターゲットしたもので、価格も約3,000ドル(約39万円)と、かなり高額になる見通しです。高解像度の最新ディスプレイ、10個以上のカメラやセンサー、M2プロセッサ、ARヘッドセット専用チップなどのスペックを備える以上、仕方のないことなのでしょう。
     
    しかしガーマン記者が入手した情報によれば、Appleはこの高スペックMRヘッドセットに続き、ARメガネに代わり、iPhoneと連携して使うやや安価なMRヘッドセットを発売する計画に切り替えたとのことです。
     
    同記者はこの「廉価版」MRヘッドセットはMetaのヘッドセットと直接競合する製品になると予測しています。
     
    Appleが商標登録した「Reality Pro」「Reality One」は、Reality Proが先に発売される高額なMRヘッドセット用、Reality Oneがあとから発売される廉価版用なのではないかというのが、ガーマン記者の推測です。

     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Meta
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次