AppleのMRヘッドセット用OSの名称は「xrOS」〜以前は「realityOS」

    Apple Headset AC_1200

    Apple Headset AC_1200
     
    Bloombergが、Appleは複合現実(MR)ヘッドセット用OSの名称を、「realityOS」から「xrOS」に変更し開発を進めていると報じました。

    OSの完了間近か

    xrOS」の名称は、extended realityに由来するとBloombergは説明しています。
     
    Bloombergは、この時期にOSの名称を変更したことは実製品の発表が近づいていることを示していると述べています。
     
    xrOSではメッセージやマップの新バージョンが対応、サードパーティー用に開発キットも提供されると、同メディアは伝えています。

    各国で商標登録申請

    Bloombergによれば、xrOSの名称は、Deep Dive LLCというペーパーカンパニーにより、既に数カ国で商標登録申請が行われているとのことです。
     
    xrOS tm_1200
     
    MRヘッドセットは、2023年上半期(1月〜6月)に発表されると噂されています。
     
     
    Source:Bloomberg
    Photo:Apple Cycle(@theapplecycle)/Twitter
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次