2023年1月22日 17時24分

読了まで 313

iPhone15 Proが曲面エッジ+平面フレームで確定か!?重さとバッテリー情報も

iPhone15 Pro jioriku


 
リーカーのmcguire氏(@Jioriku)が久しぶりにリーク情報をTwitterに投稿、ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)同様、iPhone15 Proディスプレイは平面だが端のベゼル部は曲面処理がなされており、平面部もある丸みを帯びたフレームと組み合わせられていると述べています。
 
同氏はまた、iPhone15 ProとiPhone14 Proを比べた場合、バッテリー容量は5,000mAhで同じ、重さは10グラム重くなる(iPhone14 Proの206グラムに対し216グラム)と記しています。
 
【追記更新:1月30日午前3時59分】Saad Ism.氏(@Saad_IsmaiI)が、 Proシリーズの詳細なレンダリング画像を、「シルバー」「スペースブラック」「サンセットゴールド」「ブラッサム」の4種類ので制作公開しました。
 
【追記更新:1月27日午後3時30分】iPhone15 Proのについて、コンセプト画像クリエイターのKonstantin Konovalov氏(@aaple_lab)が、本情報をもとにしたレンダリング画像を制作公開しました。

iPhone X系のデザインと、12系のデザインが融合したものに?

【更新情報】Saad Ism.氏(@Saad_IsmaiI)が制作公開した本体カラー、「サンセットゴールド」「ブラッサム」の2種類は、iPhone13 Proシリーズ発売前にも登場が噂されていたものです。
 
ここ数年、新色は寒色系が続いています。
 
iPhone15 Pro SI_1
 
iPhone15 Pro SI_3
 
iPhone15 Pro SI_4
 
iPhone15 Pro SI_2
 
予想的中率が高いリーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、筐体背面の端ではなく背面ガラスパネルの端が曲面なら、このデザインで正解と、下記画像を評価しています。
 
iPhone15 Pro AL_1200
 
ShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)のこれまでのリーク情報、ならびに今回のmcguire氏(@Jioriku)の投稿から考えると、iPhone15 Proはディスプレイパネルはベゼル部が曲面処理されており、チタニウム合金製と噂の金属フレーム背面パネル側に向けて曲面処理がなされているようです。
 
これらの処理により、iPhone15 Proを側面から見た際のデザインは、フレーム中心線でディスプレイ側と背面パネル側が線対称(リアカメラ部を除く)になっていると思われます。
 
ディスプレイ側および背面パネル側ともに曲面処理されているという点ではiPhone11 Proに似ていますが、iPhone15 Proの金属フレームは平面の部分もあるとのことなので、iPhone X〜11までのデザインと、iPhone12〜14までのデザインが融合したものになりそうです。
 
また、ステンレススチールよりも軽量なチタニウム合金製筐体を採用したとしても重くなるのであれば、電源ボタンと音量ボタン用に搭載される2つのTaptic Engineなどによる重量増が考えられます。

純正レザーケースとシリコーンケースの保護性能がまた低下?

今回の予想が的中した場合、純正レザーケースおよびシリコーンケースは、iPhone11シリーズまでのもののようにディスプレイ底面側が大きく開いたデザインになり、その部分は保護されなくなるかもしれません。
 


 
 
Source:mcguire(@Jioriku)/Twitter,ShrimpApplePro(@VNchocoTaco)/Twitter,Konstantin Konovalov氏(@aaple_lab)/Twitter,Saad Ism.(@Saad_IsmaiI)/Twitter
Photo:Apple
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる