2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Apple Watch Ultraが将来搭載と噂のマイクロLED〜英企業が新型開発

    Apple Watch Ultra microled 0121

    Apple Watch Ultra microled 0121
     
    英SmartKemが、世界初となる有機薄膜トランジスタ(OTFT:Organic Thin Film Transistor)を使用したモノリシックマイクロLEDディスプレイを開発したとiMediaが報じました。
     
    2025年モデルのApple Watch Ultraには、マイクロLEDディスプレイが搭載されると噂されています。

    マイクロLEDチップにトランジスタを直接接続

    SmartKemが開発、特許取得したのは、OTFTを用いたモノリシックマイクロLEDディスプレイです。
     
    同ディスプレイは、窒化ガリウム(GaN)LEDとOTFTのバックプレーンにて構成されます。
     
    既存のマイクロLEDディスプレイでは、微細なマイクロLEDチップをレーザーを用いて基板上のトランジスタとハンダ付けして電気接続する必要があります。
     
    本方式では半導体インクを用い、80度の低温でマイクロLEDチップとトランジスタを電気接続します。
     
    そのため、マイクロLEDウエハーから基板への配置とレーザーによるハンダ付け工程が不要になることから、液晶ディスプレイ用の製造装置を応用した低コストでのマイクロLEDディスプレイ製造が可能になると、iMediaは説明しています。

    不具合品の修正が困難なマイクロLEDディスプレイ

    マイクロLEDディスプレイでは、サイズや解像度によって数百万個のマイクロLEDチップをウエハーから基板上に移動し配置する必要があります。
     
    例えば、6,000個以上のマイクロLEDチップを搭載するフルHD対応ディスプレイにおいて良品率が99.9%だった場合、6個のチップに未点灯などの不具合があることになります。
     
    この場合、それらを特定して基板から取り除き、良品を再配置するだけでもかなり困難なことが、マイクロLEDディスプレイの製造コストを下げ、普及させる上での課題になっているとiMediaは指摘しています。
     
    OTFTを用いたモノリシックマイクロLEDディスプレイでは、トランジスタと電気接続する際に発生する不具合を抑えることが可能になる=低コスト化の実現が期待されます。
     
     
    Source:iMedia,モノリシックマイクロLED(PDF)
    Photo:Apple(米国)
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次