折りたたみiPhoneの生体認証はTouch IDを採用?海外メディアが予想

    iPhone Fold 1200

    iPhone Fold 1200
     
    AppleInsiderが、折りたたみiPhoneの仕様に関する予想を伝えました。

    薄型化にはTouch ID内蔵電源ボタンが有利と指摘

    折りたたみiPhoneはGalaxy Z Fold4のように横に展開するタイプで、拡げた際のディスプレイサイズがiPad miniと同程度になると噂されています。
     
    折りたたんだ際の同デバイスの厚みはiPhone14シリーズなどストレートタイプのiPhoneよりもわずかに増す程度に収まると、AppleInsiderは予想しています。
     
    それを実現するため、生体認証機構として部品点数が多いFace IDよりも、薄型化に適したTouch ID内蔵電源ボタンを採用するのが妥当と同メディアは述べています。

    販売価格は30万円近いと予想

    折りたたみiPhoneが発売されるとしても、販売価格は2,000ドル(約27万円)と、かなり高額なデバイスになるとみられています。
     
     
    Source:AppleInsider
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次