2022年12月23日 10時02分

読了まで 24

Tesla、AirPowerのような充電プラットフォームをAppleに先駆け発売へ

Wireless Charging Platform
 
氏率いる電動輸送機器およびクリーンエネルギー関連企業Teslaは、が発売を断念したのようなプラットフォームを来年2月に発売することが明らかになりました。

販売価格は300ドル

Cybertruckの角ばったデザインとメタリックなスタイルからインスピレーションを受けたTeslaワイヤレス充電プラットフォームは、1台あたり15Wの高速充電が可能で、最大3台までのデバイスを同時に充電することができます。
 
プラットフォームは、アルミニウムのハウジング、高級アルカンターラの表面、そしてを平らにしたり、見やすい角度にしたりできる着脱式マグネットスタンドで構成されています。
 
Wireless Charging Platform


 
FreePowerテクノロジーを搭載し、正確な位置合わせをせずに表面のどこでも、携帯電話やイヤホンなどのQi対応デバイスを充電可能です。
 
気になる販売価格は300ドル(約39,700円)で、2023年2月から出荷が始まる予定です。

Apple Payで支払い可能

Teslaのワイヤレス充電プラットフォームは、Apple Payでも支払いを行うことができます
 


 
Teslaのマスク氏は、以前から「TeslaはやがてAppleよりも大きくなる」と言ってみたり、最近では同氏が買収したTwitterの広告減少をめぐって揉めたりするなど、Appleと常に何かしらの悶着があることで知られているため、Appleが販売にこぎつけられなかった商品をApple Payで購入可能にしたことに対して、何かの意図を感じるユーザーもいるようです。
 
 
Source:Tesla via @markgurman/Twitter
(lexi)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる