2022年12月3日 00時30分

読了まで 144

M1搭載iMacのベゼルを狭額縁化して理想のデザインにしたユーザーが登場

M1 iMac mod 2


 
搭載ベゼルを切断して改造し、狭額縁化して理想のにしたユーザーが登場しました。

ベゼル幅が同じM1搭載iMacを自作

M1搭載iMacは、ディスプレイ周りのベゼルの幅が全て同じデザイン(Studio Displayのようなデザイン)になると噂されていました。
 
しかし、実際に登場した製品は、ディスプレイ下部だけベゼルが太くなっています。
 
この部分には、ロジックボードなどが搭載されています。
 
中国のユーザーが、M1搭載iMacのディスプレイ下部のベゼルを切断して本体背面に移設、ロジックボードなどを全て組み込んで、ベゼルの幅が全て同じiMacを作り上げました。
 

このデザインをAppleが採用しなかった理由は?

この改造iMacに対しリーカーのShrimpApplePro氏(@VNchocoTaco)は、「このデザインにならなかったのは、金属加工の工程が増え、ロジックボードの熱がディスプレイパネルに伝わることで寿命が短くなるから」と述べています。
 


 
 
Source:DuanRui(@duanrui1205)/Twitter
(FT729)

カテゴリ : Mac, 最新情報   タグ : , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる