トップページ > 最新情報 > 新型iMacの画面下部だけ枠が太いのはロジックボード搭載のため〜事前予想画像はハズレ
2021年4月22日 13時00分

読了まで 219

新型iMacの画面下部だけ枠が太いのはロジックボード搭載のため〜事前予想画像はハズレ

New iMac logicboard_2


 
新型iMacに関し、リーク情報をもとに制作されたイメージ画像は、ディスプレイ周囲のフレーム幅が一定で狭いものでしたが、実製品はディスプレイ下部だけフレーム幅が太いのは、ロジックボードなどをそこに搭載したためだとNotebookcheckが説明しています。

リーク情報をもとにしたイメージ画像はフレーム幅が一定

新型iMacは、iPad Proを拡大したようなデザインになる、Pro Display XDRのようになるとも噂されたことから、そうした情報をもとにしたイメージ画像が多数投稿されていました。
 
iMac 5 colors IAN
 
Apple Silicon Macs_012
 
しかし、発表された製品はディスプレイ下部だけフレーム幅が太く、こうしたイメージ画像とは異なるものでした。
 
そうなった理由としてNotebookcheckは、Fiyin Adewale氏(@fiyin)の投稿を参考に、ディスプレイ下部のフレーム部、通称「あご」の内部にM1チップを搭載するロジックボードが搭載されているからだと説明しています。
 

ディスプレイの後ろにスピーカーチャンバーを配置

Apple製品の情報を発信しているYouTuberのダニエル氏(@ZONEofTECH)は、ロジックボードの配置場所をディスプレイの後ろにすれば、「あご」を無くせたのではと投稿しています。
 
ロジックボードをディスプレイの後ろに搭載すれば「あご」も無くせたようですが、Appleは筐体を薄くすることを選択したと、Notebookcheckは記しています。
 
ロジックボードの両側には小型の冷却ファンが複数搭載されており、MacBook Airのようなファンレス構造ではありません。
 
New iMac logicboard_1
 
ディスプレイの後ろには、大型のスピーカーチャンバー(エンクロージャー)などが搭載されているようです。
 
 
Source:Fiyin Adewale(@fiyin)/Twitter via Notebookcheck
Photo: Ian Zelbo(@RendersbyIan)/Twitter, Svetapple.sk
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる