2022年12月3日 00時15分

読了まで 144

iPhone SE(第4世代)が採用と噂も〜2026年までのOLED普及率予測

iPhone SE 4 AH 1200


 
台湾の調査会社TrendForceが、スマートフォンにおける2026年までの有機EL()ディスプレイ普及率予測を伝えました。

OLEDディスプレイ搭載スマホが引き続き増加見込み

TrendForceは、スマートフォン用ディスプレイとしてOLEDディスプレイが採用される比率が、2022年が約47.4%なのに対し、2023年は50.8%、2026年は60%に上昇すると予測しています。
 
においてOLEDディスプレイを搭載していないモデルとして(第3世代)がありますが、後継モデルとなるOLEDディスプレイを採用するとの噂があります。
 
LCD OLED 2026

フレキシブルOLEDディスプレイパネルの採用増えると予測

中国のスマートフォンメーカーは、iPhoneが採用しているフレキシブルOLEDディスプレイパネルではなく、価格の安いリジッドOLEDディスプレイパネルを主に採用しています。
 
今後、量産効果に伴いフレキシブルOLEDディスプレイパネルの卸価格が下がった場合、中国のスマートフォンメーカーは同ディスプレイパネルの搭載機種を増やす可能性が高いと、TrendForceは予測しています。
 
 
Source:TrendForce via China Times
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる