トップページ > 最新情報 > フレキシブルOLEDの出荷数、対前年比増も前四半期比で減少〜iPhoneの出荷数影響
2021年6月20日 10時00分

読了まで 155

フレキシブルOLEDの出荷数、対前年比増も前四半期比で減少〜iPhoneの出荷数影響

iPhone13 battery


 
市場調査会社Omdia社が、2021年第2四半期(4月〜6月)のフレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイパネルの出荷数は、2021年第1四半期(1月〜3月)比35%減の約5,700万枚になると発表しました。原因の1つとして、iPhoneの出荷数が減少していることが指摘されています。

フレキシブルOLEDディスプレイパネル搭載デバイスは増加

Omdiaは、フレキシブルOLEDディスプレイパネルの出荷数は、2021年第1四半期(1月〜3月)比35%減ながら、2020年第2四半期(4月〜6月)比では54.1%増だと報告しています。
 
同社は、2021年第2四半期(4月〜6月)のリジッドOLEDディスプレイパネルの出荷数は、約5,300万枚と予想しています。
 
同社の予想通りであれば、フレキシブルOLEDディスプレイパネルリジッドOLEDディスプレイパネルの出荷数が同程度になります。
 
これは、フレキシブルOLEDディスプレイパネル搭載デバイスが増え、それに伴って出荷数が増加したことによるものです。

iPhone13シリーズ量産開始で出荷数回復か

フレキシブルOLEDディスプレイパネルは、iPhone、Galaxy SシリーズやNoteなどに搭載されています。
 
それに加え、他のブランドのフラッグシップスマートフォンでの採用が増えています。ディスプレイパネルメーカーも、中国BOEやCSOTが生産数を増やしています。
 
今後、iPhone13シリーズ(iPhone12sとの噂もあり)の量産が始まれば、フレキシブルOLEDディスプレイパネルの出荷数も増加に転じると期待されます。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる