2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14 Proシリーズの製造現況と今後の見通し〜アナリストが詳細予測を報告

    iPhone14 Pro AD 1130_1200

    iPhone14 Pro AD 1130_1200
     
    アナリストのミンチー・クオ氏が、iPhone14 Proシリーズの製造現況と今後の見通しに関する予測を伝えました。

    iPhone14 Proシリーズの出荷台数が1,500万台以上減少

    iPhoneの総出荷台数は2022年第4四半期(10月〜12月)に8,000万台〜8,500万台を予定していたのが、Foxconn鄭州工場での新型コロナウイルス感染症流行に起因する各種問題により1,000万台減少し、7,000万台〜7,500万台にとどまると、クオ氏は予測しています。
     
    特に、iPhone14 Proシリーズの出荷台数は、予定よりも1,500万台〜2,000万台減少すると同氏は述べています。
     
    Foxconn鄭州工場のiPhone生産ラインは停止していませんが、11月の平均稼働率はおよそ20%と低く、12月に回復しても30%〜40%にとどまるとクオ氏は予測していることから、11月末と期待されていたフル生産にはほど遠い状況です。

    PegatronとLuxshare Precisionも製造開始見込み

    同氏によれば、AppleはFoxconn鄭州工場の減産分を補うべく、PegatronとLuxshare Precisionに対しiPhone14 Proシリーズの総生産台数の約10%ずつ(両社合計で約20%)を発注したとのことです。
     
    ただし、PegatronとLuxshare PrecisionがiPhone14 Proシリーズを出荷するのは早くても12月下旬とみられることから、「5週〜6週」にのびているiPhone14 Proシリーズの納期の短縮は、しばらく期待できそうにありません。

    iPhone15 ProシリーズでFoxconnの独占受注体制崩れる?

    iPhone14 Proシリーズの出荷台数減少は、Appleとサプライヤーの売上高が想定を下回ることに繋がります。
     
    今後はこうしたリスクを避けるため、AppleはiPhone14 Proシリーズの製造をFoxconnが独占している状況を見直し、iPhone15 Proシリーズの製造委託先を分散させる可能性があると、クオ氏は伝えています。
     
     
    Source:郭明錤(Ming-Chi Kuo)/medium
    Photo:Appledsign/Facebook
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次