2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14シリーズの出荷台数減少がOLEDディスプレイ製造各社のシェアに影響

    Apple iPhone14シリーズ

    Apple iPhone14シリーズ
     
    iPhone14とiPhone14 Plusの販売不振が、有機EL(OLED)ディスプレイ市場におけるメーカー別シェアに影響をおよぼしていると、中国メディアiMediaが伝えています。

    韓国メーカーのシェア低下、中国メーカー躍進

    市場調査会社Stone Partnersが2022年11月9日、2022年第3四半期(7月〜9月)のOLEDディスプレイ市場の調査結果を発表しました。
     
    OLEDディスプレイ製造メーカー別シェアでは、Samsung Displayがシェア1位で、2位にBOE、3位にVisionoxと、中国メーカーが2位と3位にランクインしています。
     
    2022年第3四半期(7月〜9月)のOLEDディスプレイの市場規模(総出荷枚数)は、スマートフォン販売不振の影響で1億3,720万枚にとどまり、前年同期比18.6%減となりました。
     
    特に、Samsung Displayが受けた影響は大きく、市場シェアが2022年第2四半期(4月〜6月)と比べて5.9%低下し、62.9%になりました。

    iPhone用OLEDディスプレイへの依存度が高いLG Display

    Samsung Displayはシェアが低下しながらも1位を維持していますが、シェアとともに出荷枚数減少の影響が深刻なのはLG Displayと、iMediaは述べています。
     
    LG DisplayはiPhone向けOLEDディスプレイが総製造枚数に占める割合が高く、iPhone14とiPhone14 Plusの販売不振の影響を受けたようです。
     
    ただし、LG DisplayはiPhone14 Pro Maxに加え、iPhone14 Pro用OLEDディスプレイも受注したとみられることから、それにより減少分をある程度埋めることも可能と思われます。
     
     
    Source:iMedia
    Photo:Apple
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次