2022年11月3日 11時53分

読了まで 227

Apple、iPhone需要喚起と在庫減らしのため異例の値下げを敢行?野村證券が予測

iPhone14/14 Plus


 
Appleは、2022年第4四半期(10月〜12月)から3四半期連続での出荷台数を減らす可能性があるとの予測を、野村證券が明らかにしました。
 
同社はまた、Appleがの生産台数を不自然に増やしていると指摘、需要喚起と在庫減らしを目的とした、異例のiPhone値下げを行うかも知れないと述べています。

2022年10月から来年6月まで出荷台数を減らすと予想

野村證券は現地時間2022年11月3日に「Global Technology Views」レポートをリリースしました。
 
同レポートを入手した台湾メディア経済日報によると野村證券は、AppleはiPhoneの出荷台数を、2022年10月〜12月期に6%減、2023年1月〜3月期に8%減、同年4月〜6月期に11%減と、順次減少させると予想しています。
 
野村證券は当初、2022年下期のiPhone14シリーズの出荷台数について、9,000万台と予測していました。同時期のiPhone13シリーズの出荷台数である8,100万台よりもかなり多い数字です。

iPhone14 Plusの不人気、Pro人気では相殺できず

しかしながら需要は期待を下回ると同社は見ているようです。Appleは9月末より、iPhone14 Proシリーズの増産体制に入ったものの、iPhone14 Plusの需要急落を相殺できていないとのことです。野村證券は2022年下期のiPhone14シリーズの出荷台数予測を、9,000万台から8,250万台へと下方修正しました。
 
iPhoneサプライヤーの多くは、7月〜9月期の出荷が好調だったため、売上高は2桁成長を記録しました。しかしiPhone14 Plusの不で9月をピークにその後は一気に出荷数が減少、10月〜12月期は前四半期比でも前年同期比でもマイナスになるが続出すると、野村證券は見ています。

iPhone14の増産は値下げセールの準備?

そして最近の調査から、Appleに興味深い動きがあると同社は指摘します。AppleはProモデルではない、「iPhone14」の増産を指示しているそうです。
 
野村證券はこの理由は2つあると考えています。1つはiPhone14 Plus減産で余った部品を減らすためと、生産ラインを無駄にせず活用するため。そしてもう1つの理由が、特別なプロモーションに備えるためというものです。
 
野村證券は、Appleは年末もしくは来年前半に、iPhoneの在庫整理と需要喚起のために、異例の値下げを実施するとの、大胆な予想を展開しています。
 
 
Source:経済日報
Photo:Apple
(lunatic)

 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる