2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    ARデバイス用ディスプレイの本命はマイクロLED〜Samsung Display指摘

    Apple Glass EAP 07

    Apple Glass EAP 07
     
    拡張現実(AR)デバイス用ディスプレイの本命は、マイクロ有機EL(OLED)ディスプレイではなくマイクロLEDディスプレイと、Samsung Displayのグループリーダーであるキム・ミヌ氏が2022年10月14日に、ソウルで開催された「MicroLED Display Workshop」内で発言しました。

    ARデバイス用ディスプレイには高輝度が必要

    キム・ミヌ氏は、ARデバイス用ディスプレイには高い輝度が求められることから、OLEDディスプレイでは対応できないとの考えを示しました。
     
    The Elecによれば、Samsung DisplayはマイクロOLEDディスプレイことOLEDoS(OLED on Silicon)と、マイクロLEDディスプレイことLEDoS(LED on Silicon)の両方を開発しているとのことです。
     
    キム・ミヌ氏はまた、ARデバイス用ディスプレイの解像度は最低でも5,000ppiが必要と指摘しています。
     
    Samsung Displayの長期的な目標は、解像度6,000ppiのマイクロLEDディスプレイの実現と、The Elecは伝えています。

    AppleメガネがマイクロLEDディスプレイ搭載か

    ARデバイス用ディスプレイに高い輝度が求められる理由についてキム・ミヌ氏は、「現実世界と重ねて画像を表示する必要があるため」と説明しています。
     
    同氏は、ARデバイス、VRデバイス、複合現実(MR)デバイスにおいて、ディスプレイに求められるものが異なると述べています。
     
    Appleが2023年1月に発売すると噂MRヘッドセットにはソニー製のマイクロOLEDディスプレイが、2025年に発売するMRヘッドセット(第2世代)には、LG DisplayかSamsung DisplayのマイクロOLEDディスプレイが搭載されると予想されています。
     
    DigiTimesはARデバイスについて、ARメガネのことと記しており、Apple製品では、開発中と噂のAppleメガネが該当すると思われます。
     
     
    Source:The Elec,DigiTimes
    Photo:EverythingApplePro/YouTube
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次