2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPad Proも採用?Samsungが第8世代OLEDの量産を来年スタート

    Samsung OLED

    Samsung OLED
     
    Samsungが、AppleのiPad Pro(2024)への搭載が見込まれる第8世代有機EL(OLED)ディスプレイの量産を、2024年に開始することを明らかにしました。

    2024年に第8世代OLEDの量産開始

    Samsungは、現地時間2022年8月26日まで開催される、韓国のディスプレイ技術展示会 International Meeting on Information Displays(IMID)2022の基調講演において、第8世代OLEDディスプレイの生産計画は順調に進んでおり、2024年に量産を開始すると述べました。
     
    第8世代OLEDディスプレイは、AppleのMacBookやiPad Proへの搭載が見込まれています。

    マイクロLEDの量産も2024年にスタート

    Samsungはまた、仮想現実(VR)・拡張現実(AR)デバイス向けのマイクロLEDの量産も、2024年開始を目標としていることを明らかにしました。
     
    マイクロLEDは、まずApple Watchに採用されるといわれてきました。
     
    しかし今回Samsungがあえて「AR/VRデバイス向け」と発言したことで、Appleが開発中とされるAppleメガネや複合現実(MX)ヘッドセットへの搭載の可能性が指摘されています。
     
     
    Source:The Elec via Notebookcheck
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次