2022年9月30日 00時00分

読了まで 141

iPhone14シリーズの製造・出荷台数がiPhone13シリーズよりも減少か

iPhone13 14 official


 
DigiTimes Researchが、シリーズの製造・出荷台数がシリーズよりも減少する可能性が高いとの調査結果を報告しました。

平均販売価格上昇も、製造・出荷台数は減少か

DigiTimes Researchの調査では、年内のiPhone14シリーズの製造台数は、8,300万台〜8,800万台、出荷台数は7,800万台〜8,300万台で、iPhone13シリーズの同時期の製造・出荷台数には及ばない見通しです。
 
その原因としてDigiTimes Researchは、シリーズの出荷比率を高めるためにベースモデルとの差別化を進めた結果、iPhone14とiPhone14 Plusの人気低迷を招いたと指摘しています。
 
ただし、iPhone14 Proシリーズの販売比率を高め、結果的にiPhone14シリーズの平均販売価格(ASP: average selling price)を上昇させるというAppleの目標は達成される見通しです。
 
 
Source:DigiTimes
Photo:Apple
(FT729)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる