2022年9月28日 18時33分

読了まで 214

iPhone14 Pro Maxのディスプレイは「完璧」〜専門家が最高賞贈る

iphone14 pro max


 
ディスプレイ評価を専門にするDisplayMateで、最も優れたディスプレイを持つスマートフォンに贈られる賞を、が獲得しました。

iPhone13 Pro Maxと同じではない!

DisplayMateの最高賞「Best Smartphone Display Award」をが獲得するのは毎年恒例となっており、ここ数年でもiPhone12 Pro MaxiPhone13 Pro Maxが同様に受賞しています。
 
とはいえ、決して惰性ではなく、 Pro MaxはiPhone13 Pro Maxと同じ解像度でありながら、前モデルにはない数々の改良が見られるとのことです。
 
例えば、今モデルで搭載されたLTPO有機EL(OLED)ディスプレイは、リフレッシュレートが1Hz〜120Hzに進化した(iPhone13 Pro Maxは10Hz〜120Hz)ことで、消費電力を抑えて画面の常時表示が可能となっています。また、ノッチを廃止してDynamic Islandを採用したことにより、アクティブ領域が増えたのは分かりやすい改善でしょう。

Appleの公称を上回るパフォーマンス

もちろん、DisplayMateが評価した理由は他にもあります。
 
iPhone14 Pro Maxは、iPhone13 Pro Maxの2倍以上となる2,300nitsのピーク輝度を叩き出すことが可能で、の公称数値(2,000nits)を超えているのだそうです。
 
また、HDRの輝度は最大1,590nitsとなり、iPhone13 Pro Maxより33%の向上となっています。
 
ほかにも「白の色精度が最も高い」「環境光下での高コントラスト度」「視野角による白の色の変化が最も小さい」など、iPhone14 Pro Maxは計15個の部門で全スマートフォントップの座に輝いています。iPhone13 Pro Maxは計13個でした。
 
こうしたことからDisplayMateは、Appleのキャリブレーションにより、OLEDの画質と色精度が高まった結果「視覚的には完璧に等しい」とまで評しています。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)
 
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる