iOS16.1のベータ2、iPadOSベータ3が開発者向けにリリース

    ios16.1

    ios16.1
     
    Appleは、iOS16.1ベータ2をデベロッパ向けに公開しました。同時にリリースされたiPadOS16.1のバージョンはAppleがiOS16に先立ってテストを開始したことにより、ベータ3となっています。

    ライブアクティビティはiOS16.1のリリース時に利用可に

    登録済みのデベロッパは、Apple Developer CenterからiOS16とiPadOS16のプロファイルをダウンロードし、インストールすると、ベータ版が利用できるようになります。
     
    iOS16.1では、ロック画面やDynamic Islandにおいて、リアルタイムで起きていることを確認できる「ライブアクティビティ」が導入されます。同機能は開発者がアプリをアップデートしてサポートを追加しなければならないため、現時点では利用できませんが、iOS16.1のリリース時に使えるようになる見通しです。デベロッパはすでにActivityKit APIにアクセスし、アプリの準備を始めることができます。
     
    その他にも、削除可能なウォレットアプリ、ロック画面のカスタマイズインターフェースの変更なども実装される予定です。
     
     
    Source:MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次