楽天モバイルのシェアが初めて減少、MVNOは増加~総務省統計結果 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > 楽天モバイルのシェアが初めて減少、MVNOは増加~総務省統計結果
2022年9月20日 06時35分

読了まで 20

楽天モバイルのシェアが初めて減少、MVNOは増加~総務省統計結果

楽天モバイル


 
総務省は9月16日、電気通信サービスの契約数等に関する統計結果を発表しました。2022年度第1四半期(6月末)のMNO各社のシェア等が記載されており、楽天モバイルのシェアが初めて減少したことが判明しています。

楽天モバイルのシェアが減少

総務省は9月16日、2022年度第1四半期(6月末)時点における携帯電話サービス等に関する統計結果を発表しました。携帯電話の契約数は約2億334万件となり、前期比0.2%、前年同期比3.7%の増加となりました。
 
携帯電話契約数に関するMNO各社のシェアも公表されており、楽天モバイルは2.3%となり、前期(3月末)比で0.1%シェアが減少しました。
 
総務省 統計
 
なお、MVNOへの提供分を含む各社のシェアは以下の通りです。
 

  • NTTドコモ:41.8%
  • KDDIグループ:30.2%
  • ソフトバンク:25.6%
  • 楽天モバイル:2.3%

MVNOの純増数がMNOを逆転

楽天モバイルがシェアを減らした一方で、携帯電話やPHS等を含む移動系通信サービスにおけるMVNOの契約数は約34万件の純増となり、MNOの純増数(約6万件)を上回りました。
 
総務省 統計1
 
楽天モバイルは2022年5月、月額0円運用ができるプランを7月に廃止し、既存ユーザーも有料の新プランRakuten UN-LIMIT VIIに自動移行すると発表しました。
 
楽天モバイルの発表を受け、今まで0円運用を行っていた多くのユーザーがMVNO等の格安プランに移行したと言われており、IIJmio等では申込集中による商品の発送遅延が生じました。
 
また、MNOとMVNOの純増数合計が前期までと比べて大きく減少しており、MNPを行わず、解約したユーザーも多かった模様です。なお、楽天モバイルは2022年8月、6月時点で契約数が前年同期比22万件減少したと発表しています。
 
 
Source:総務省(PDF)
(seng)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる