ティム・クックCEO、共和党員らと中国や検閲について議論 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ティム・クックCEO、共和党員らと中国や検閲について議論
2022年9月16日 05時44分

読了まで 21

ティム・クックCEO、共和党員らと中国や検閲について議論

ティム・クック


 
Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が14日、米共和党の議員らと会談し、検閲や中国、プライバシーなどの問題について意見を交わしました。

保守派とは相容れない巨大テック企業

Appleは公式に会談内容について明らかにしていませんが、Fox Businessによると、ティム・クックCEOは、共和党議員を始めとした複数議員と、巨大テック企業が保守的な意見に対して持っている“偏見”について話し合ったとのことです。
 
Appleのみならず一般的に米巨大テック企業はリベラルな風土で、移民政策やプライバシー権を始めとして、保守的な意見とは対立するケースが少なくありません。
 
2017年に移民の受け入れ規制が大きな問題となった際には、Appleのほか、GoogleやFacebook、Netflix、TwitterのCEOたちが一斉に大統領令に反対を表明しました。

中国との関係が問題視される

また、Appleは海外で現地法を遵守する姿勢を表明しており、これまでに何度も中国政府当局の求めに応じてアプリサービスの取り下げを行っています。
 
そうした行為を快く思わない共和党議員は多く、Appleは「中国の命令に従ってアプリの検閲を行っている」と批判されてきました。事実、今回も中国や検閲、プライバシーが会談のテーマになったとされています。

逆に民主党政権との関係構築に苦労?

とはいえ、Appleは共和党と比較的良好な関係を築いているとも言えるでしょう。
 
ティム・クックCEOはトランプ前大統領の現役時代、何度も会談を重ねたことで、大統領から「彼(ティム・クック氏)は分かったようなふりをするのではなく、アメリカの政治に関する実際のところを知っているのだ」と賞賛されたこともあるほどです。
 
そのため、逆にジョー・バイデン大統領との関係構築に苦労しているとの噂もあります。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる