2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    iPhone14シリーズ用OLEDディスプレイ〜サプライヤー別出荷枚数と比率が報告

    iPhone14 pro max AH 0429

    iPhone14 pro max AH 0429
     
    ディスプレイ業界情報に詳しいDSCCが、iPhone14シリーズ用有機EL(OLED)ディスプレイのサプライヤー別出荷枚数と比率を報告しました。

    80%以上をSamsung Displayが供給

    DSCCによれば、iPhone14シリーズOLEDディスプレイは、Samsung Display、LG Display、BOEの3社が供給、供給比率はそれぞれ、82%、12%、6%と、Samsung Displayが他社を圧倒しています。
     
    Appleは、iPhone14シリーズ本体の量産開始後の3カ月で、3,400万台以上の在庫を確保する見通しです。
     
    それに対するOLEDディスプレイが、6月に180万枚、7月に535万枚が出荷済み、8月に1,000万枚以上が出荷予定で、9月には1,650万枚がFoxconnなどの組み立てを担当するサプライヤーに出荷されるとDSCCは報告しています。

    BOEとLG Displayに課題

    Samsung Displayの出荷枚数が多い理由についてDSCCは、iPhone13用OLEDディスプレイ製造においてBOEが勝手に仕様変更していたことでAppleとの関係が悪化、それに伴いiPhone14用OLEDディスプレイの量産承認が遅れたこと、LG DisplayがiPhone14 Pro Max用OLEDディスプレイの製造に難渋しているため、初期ロット分は全てSamsung Displayが製造することを挙げています。
     
     
    Source:DSCC via Notebookcheck
    Photo:Apple Hub/Facebook
    (FT729)
     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次