AirPowerプロトタイプでiPhoneとAirPodsを充電〜YouTube動画

AirPower proto

AirPower proto
 
市販化が断念されたとみられるAirPowerプロトタイプを用いて、iPhoneとAirPodsを充電する模様をおさめた動画がYouTubeで公開されています。

AirPowerのLightning端子に充電器を接続して動作

AirPowerのプロトタイプを公開しているのは、そうしたApple製品を収集しているDongle氏(@DongleBookPro)Apple Demo氏(@AppleDemoYT)で、それぞれ、ルーク・ミアーニ氏、YouTubeチャンネル「91Tech」とコラボレーションしています。
 
用意されたAirPowerプロトタイプは2種類あり、片方に搭載されたワイヤレス充電用コイルの数は16個です。
 
ルーク・ミアーニ氏はもう一方を手に取り、AirPowerのプロトタイプには22個のワイヤレス充電用コイルが搭載されていると説明、充電器を接続した後にiPhoneとAirPodsの充電ケースを置くと、充電が始まるのが確認できます。
 

発表から開発断念までの流れを詳しく説明

Apple Demo氏(@AppleDemoYT)は、AirPowerの発表から開発過程、開発者向けコマンドなどを、再生時間約28分の動画で詳しく説明しています。
 

 


 


 
 
Source:Dongle(@DongleBookPro)/Twitter, Apple Demo(@AppleDemoYT)/Twitter
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次