Apple「iPhone X」発表!予約開始は10月27日、発売は11月3日

    iPhone X 公式画像

    iPhone X
     
    Appleは現地時間9月12日に開催したイベントにおいて、iPhone発売10周年記念モデルとなる「iPhone X(テン)」を発表しました。
     

    名称は予想通りiPhone X(テン)に!

    名称は直前にiOS11のGM版で情報が流出したとおり、iPhone Xでした。「X」が10という意味であったのも、事前の情報どおりです。
     

     
    iPhone Xはフロント全面を覆う5.8インチ、2,436×1,125解像度のSuper Retinaディスプレイ(OLEDディスプレイ)を搭載。HDR、HDR 10、Dolby Vision形式に対応します。前面と背面はガラス製、フレームは医療に使われているものと同じグレードのステンレススチール製で、耐水性能と防塵性能も備えています。
     
    そして予想されていたとおり、ホームボタンは完全に消失し、顔認証システム「Face ID」が新たに搭載されました。

    見るだけで顔認証、スワイプでホーム画面

    Apple_Events_7
     
    iPhone Xでは、スクリーンを見ることによって顔認証が行なわれ、ロック解除されます。次いで下からスワイプアップするとホーム画面が現れるという仕組みです。マルチタスキングも下からスワイプ、途中で指をとめると複数アプリが表示されます。
     
    ホームボタン消失により、Siriの呼び出しは、右上のスリープボタンを押すことで行えるようになりました。もちろん「ヘイSiri」の呼びかけにも対応します。
     
    iPhone X

    Face IDはTouch IDよりも安全

    フロントの中央上部のせり出した部分には、赤外線カメラ、Flood illuminator、近接センサー、環境光センサー、スピーカー、マイク、フロントカメラ、ドットプロジェクターが収められています。これがTrueDepthカメラです
     
    30,000以上の目に見えないドットを投射し、顔の精緻な深度マップを作ります。このマップは精度が高く、眼鏡や帽子を着用したり、髭を伸ばしたりしても、正しく識別するとのことです。さらに機械学習により、時間とともに身体的な変化にも適応していくとしています。なお他のスマートフォンで問題になったような、写真でのFace ID突破はできないとのことです。
     
    搭載するA11 Bionicチップ(6コア、2つの高性能コアと4つの効率コア構成)がニューラルエンジンを内蔵しており、顔認識の処理を行います。顔のデータはサーバには保存されず、A11チップ内に記録されるとのことです。その安全性について、データ流出の可能性がTouch IDでは5万分の1の確率であるのが、Face IDでは100万分の1まで低下、安全性が向上していると説明しています。
     
    なおFace IDはiPhone Xのロック解除だけでなく、Apple Payや、Touch IDに対応するサードパーティのアプリでも使用することができます。

    12種類以上に自分の表情を投影できるアニ文字

    またこのTrueDepthカメラでは、ポートレートモードの新機能ポートレートライティングが使用できるうえ、背景をぼかしたセルフィーの撮影も可能になっています。
     
    さらに50以上の顔の筋肉の動きを解析し、ユーザーの表情を12種類のアニメーションに反映させる「アニ文字」が導入されました。作成したアニ文字動画をiMessageで送ることが出来ます。
     
    iPhone X
     
    背面カメラはデュアル12MPカメラで、縦に並んだカメラはどちらも光学式手ブレ補正に対応しています。

    3台同時充電の「AirPower」

    第2世代パフォーマンスコントローラと専用のバッテリー設計により、1回の充電によるバッテリー駆動時間がiPhone7よりも最大2時間長くなったとのことです。
     
    またQi規格のワイヤレス充電に対応していますが、ワイヤレス充電器は同梱されず、BelkinやMophieなどのアクセサリーメーカーの製品を使用することになります。
     
    Air Power 公式画像
     
    なおAppleは来年、新規格に基づく、iPhone、Apple Watch、AirPodsなどの3製品を同時に充電可能なマット「AirPower」を発売することも明らかにしました。

    シルバーとスペースグレイ、容量は64GB/256GB

    iPhone X 公式画像
     
    iPhone Xはシルバーとスペースグレイの2色展開で、容量は64GB/256GBの2種類です。価格はいずれも税別で、64GBが11万2,800円、256GBが12万9,800円です。
     
    なお予約注文は10月27日午後4時01分(日本時間)から受け付け、発売は11月3日と案内されています。
     

    基本スペック iPhone X
    カラー スペースグレイ
    シルバー
    ディスプレイ 5.8インチ Super Retina HDディスプレイ
    オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ
    HDRディスプレイ

    True Toneディスプレイ
    広色域ディスプレイ(P3)
    耐指紋性撥油コーティング
    液晶画面
    解像度
    2,436 x 1,125
    458ppi
    高さ

    厚さ
    143.6 mm
    70.9 mm
    7.7 mm
    重量 174g
    チップ
    セット
    A11 Bionicチップ
    ニューラルエンジン
    M11モーションコプロセッサ
    ストレージ 64GB/256GB
    通信方式 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
    GSM/EDGE
    CDMA EV-DO Rev.A(一部)
    UMTS/HSPA+/DC‑HSDPA
    Assisted GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
    VoLTE
    リーダーモード対応NFC
    FeliCa
    Bluetooth Bluetooth 5.0
    3D Touch 対応
    防水性能
    (耐水・耐塵)
    IP67
    Apple Pay Face IDを使った店頭、アプリ、ウェブ上での支払い
    Mac上での購入の完了
    Suicaでの交通機関利用、店頭での購入
    Touch ID
    (指紋認証)
    なし
    Face ID
    (顔認証)
    対応
    アニ文字 対応

     

    カメラ性能 iPhone X
    メイン
    カメラ
    1200万画素の広角/望遠 デュアルカメラ
    広角 F1.8
    望遠 F2.4
     
    光学ズーム
    10倍のデジタルズーム
     
    デュアル光学式手ぶれ補正
    クアッドLED True Toneフラッシュ
    イン
    カメラ
    700万画素
    F2.2
    1080p HDビデオ撮影
    Retinaフラッシュ
    パノラマ
    撮影
    最大63メガピクセル
    ビデオ撮影 4K(24fps/30fps/60fps)
    1080p HD(30fps/60fps)
    720p HD(30fps)
     
    ビデオの光学式手ぶれ補正

    光学ズーム
    6倍デジタルズーム
     
    1080p(120fps/240fps)スローモーションビデオ
    手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
    映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080p/720p)
    Live Photos
    ポートレートモード
    メインカメラ/インカメラとも
    ポートレート
    ライティング

    メインカメラ/インカメラとも

     

    バッテリー性能 iPhone X
    充電方式 Qi規格のワイヤレス充電
    Lightningコネクタで有線接続
    高速充電 対応
    30分で最大50%充電
    連続通話時間 最大21時間
    インターネット利用 最大12時間
    ワイヤレス
    ビデオ再生
    最大13時間
    ワイヤレス
    オーディオ再生
    最大60時間

     
     
    Source:Apple
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次