IntelのRaptor Lake、350Wの消費電力で性能を引き出すモードを搭載 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > IntelのRaptor Lake、350Wの消費電力で性能を引き出すモードを搭載
2022年8月19日 09時08分

読了まで 28

IntelのRaptor Lake、350Wの消費電力で性能を引き出すモードを搭載

Intel Coreプロセッサ


 
Intelの第13世代Coreプロセッサ「Raptor Lake」に消費電力や熱を犠牲にして性能を最大限引き出す、「Extreme Performance」モードが搭載されていることがわかりました。
 
その消費電力はCore i9-13900Kの場合、350ワットに達するそうです。

350ワットの消費電力で性能を引き出すExtreme Performanceモード

Intel Core i9-13900Kの消費電力の目安となるいわゆる熱設計電力(TDP)は、通常時(Processor Base Power, PBP)は125ワット、最大ブースト時(Maximum Turbo Power, MTP)は250ワットとされています。
 
しかしながら、Raptor Lake世代のCore i9「K」シリーズにはこれを超える消費電力を許す「Extreme Performance」あるいは「Unlimited Power」と呼ばれるモードが搭載されているそうです。
 
このモードを利用すると、Core i9-13900Kの場合は350ワットまで消費電力を上げることが可能になります
 
より高い電力を利用できれば、同時に動くことができるCPUコア数やスレッド数が増加したり、動作周波数が向上したりし、より高い性能を発揮できるでしょう。

マザーボードのVRMの冷却設計も重要に

Extreme PerformanceモードでCPUを動作させるには、かなり冷却に気を付ける必要があると考えられます。
 
また、350ワットもの電力を供給するには、マザーボードの電圧レギュレータモジュール(VRM)にもしっかりとした冷却機構が必要になるでしょう。
 
Appleシリコン搭載製品のなかで最も電力消費の激しいMac Studioは最大215ワットの電力を消費するとされていますが、これはM1 UltraだけでなくRAMやストレージ、電源などすべてをあわせた場合の消費電力です。
 
Core i9-13900Kの350ワットはあくまでチップ単体のものであり、パソコン全体としてはさらに高い電力を消費します。

 
 
Source: Wccftech, Apple
(ハウザー)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる