iPadOS16の提供が10月になる最大の理由はステージマネージャ〜ガーマン記者 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPadOS16の提供が10月になる最大の理由はステージマネージャ〜ガーマン記者
2022年8月8日 00時19分

読了まで 215

iPadOS16の提供が10月になる最大の理由はステージマネージャ〜ガーマン記者

WWDC22 iPadOS16 ステージマネージャ


 
これまでiOSとiPadOSは同時にリリースされてきました。しかしiOS16は例年通り9月、一方iPadOS16は10月にリリースされる見通しです。
 
この理由についてBloombergのマーク・ガーマン記者がニュースレター「Power On」で詳しく解説しています。

iPadをMacに近づけたい?

ガーマン記者は先日も、ステージマネージャの開発が遅れているために、iPadOS16のリリースが10月にずれ込むと伝えていました。
 
同記者によれば、AppleはiPadをよりMacに近づけようとしており、ステージマネージャはその戦略の一環なのだそうです(実際、ステージマネージャ機能はmacOSとiPadOSの両方が搭載)。
 
したがってAppleにしてみれば、同じ機能を持つOS同士をまとめて10月にリリースし、同時に新しいハードウェア(Appleは新しいiPadを10月に発表するとの噂あり)も発表するほうが理にかなっている、とガーマン記者は述べています。

多くの問題を抱えるステージマネージャ

しかしステージマネージャは多くの問題を抱えていることが、iPadOS16のベータ版から発覚しています。
 
ガーマン記者自身、そして他のテスターから同記者が集めたフィードバックだけでも、Appleの長所である直感的な操作ができない、macOS並のマルチタスキングは実現していない、突然クラッシュする、一部のiPadアプリと互換性がない、iPadOS16ベータ4のほうがベータ3よりもバグが多いなど、ステージマネージャについて数多くの問題が報告されているそうです。
 
こうした多くのトラブルを考えると、Appleがステージマネージャを「オプション」に設定した理由がわかる、とガーマン記者はいいます(ステージマネージャを使うにはコントロールセンターで有効にする必要がある)。

目玉機能を最初からオプションに設定した例はない

しかしながら、少なくともガーマン記者が記憶する限り、Appleが目玉機能を最初から「オプション」に設定した例は過去にないそうです。
 
現段階でこれだけ多くの問題を抱えるステージマネージャが数カ月で大きく改善されるとは思えないため、AppleはiPadOS16を、新しいiPhoneやApple Watch、そしてiOS16やwatchOS9と同時にリリースしない決断をしたのだろう、とガーマン記者は推測しています。

 
 
Source:Power On
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる