iOS16ではプライベートアクセストークンでCAPTCHAの迂回が可能 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iOS16ではプライベートアクセストークンでCAPTCHAの迂回が可能
2022年6月21日 14時42分

読了まで 154

iOS16ではプライベートアクセストークンでCAPTCHAの迂回が可能

プライベートアクセストークン


 
Appleが公開した最新動画で、iOS16でCAPTCHA(キャプチャ認証、人間による操作および入力であることを確かめるために行われるテスト)を迂回できる「プライベートアクセストークン(Private Access Token)」が新たに利用可能となる、と説明されています。

デバイス/Apple IDアカウントが良好な状態にあることを確認

CAPTCHAには、複数のセクションに分けられた1枚の画像の中から指定されたオブジェクトの部分を選んだり、複数の画像の中から特定のカテゴリに当てはまるものを選択するものなど、様々なタイプが存在しますが、ブラウジング体験が一旦中断されてしまうため、避けられるものなら避けたいものです。
 
Appleが新たに導入したプライベートアクセストークンは、正当なデバイスやユーザーからのHTTPリクエストを、その身元や個人情報を漏洩させることなく識別するための強力な代替手段で、デバイスとApple IDアカウントが良好な状態にあることを確認し、アプリやWebサイトに提示します。
 
すでにCloudfareやFastlyなどのインターネットインフラ企業がプライベートアクセストークンのサポートを発表しており、CAPTCHAの迂回が可能となる見通しです。

ベータ1ではデフォルトでオンに

プライベートアクセストークンをオンにするには、iOS16で「Apple ID」 > 「パスワードとセキュリティ」 > 「自動認証」を選択します。
 
iOS16とiPadOS16のベータ1では自動認証はデフォルトでオンになっており、Appleいわく、この機能はmacOS Venturaでもサポートされているとのことです。
 
 
Source:Apple via MacRumors
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる