【速報】macOS Venturaを発表〜iPhoneをWebカメラとして利用可能 - iPhone Mania
トップページ > Mac > 【速報】macOS Venturaを発表〜iPhoneをWebカメラとして利用可能
2022年6月7日 04時08分

読了まで 219

【速報】macOS Venturaを発表〜iPhoneをWebカメラとして利用可能

macOS Ventura_wwdc_9


 
Appleは世界開発者会議(WWDC22)において、次期macOSの名称が「Ventura」となることを発表しました。macOS Venturaでは、iPhoneをWebカメラとして利用可能になります。

ステージマネージャ

ステージマネージャを起動すると、開いているウィンドウを自動的に整列させ、ユーザーが現在作業しているアプリケーションウィンドウを最前面に表示します(下記画像ではSafari)。
 
macOS Ventura_wwdc_2
 
別のウィンドウを選択すると、それが最前面に表示されます(下記画像ではメール)。
 
macOS Ventura_wwdc_3

Spotlight

macOS VenturaのSpotlightに、ファイルをすばやくプレビューできるクイックルックが搭載、システム全体、写真ライブラリだけではなく、Web上からの画像の検索にも対応します。
 
macOS Ventura_wwdc_4

Safariを改良

macOS VenturaのSafariに、共有タブグループが搭載されます。共有タブグループを使用することで、ユーザーが閲覧中のページや、お気に入りサイトを共有することができるようになります。
 
また、Touch IDまたはFace IDによる生体認証と、iCloudキーチェーンによりMac、iPhone、iPad、Apple TVでの暗号化同期を利用して、Webページに安全かつ簡単にサインインする新機能、パスキーが提供されます。
 
macOS Ventura_wwdc_5

FaceTimeにハンドオフが追加

macOS Venturaでは、FaceTimeにハンドオフが追加されました。これにより、iPhone、iPad、Macの間でFaceTimeの通話を転送することができるようになります。
 
macOS Ventura_wwdc_10

ゲーム

AppleシリコンとMetal 3の組み合わせにより、ゲームプレイ時の描写が向上します。
 
その性能を活かし、将来的に「バイオハザード ヴィレッジ」がプレイ可能になります。
 
macOS Ventura_wwdc_6

連携カメラ

macOS Venturaでは、連携カメラを利用し、FaceTimeやZoomなどでiPhoneのカメラをWebカメラとして使用できるようになります。
 
macOS Ventura_wwdc_7
 
また、スタジオライト機能を使えば、顔を明るく、背面を暗めに描写することが可能です。センターステージやポートレートモードも利用可能です。
 
iPhoneの超広角カメラを利用し、ユーザーの顔と机の上を同時に表示するデスクビューも実現します。
 
macOS Ventura_wwdc_8
 
 
Source:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる