Samsungの最新プロセスの良品率がTSMCの半分〜Qualcommが委託一部中止

    samsung_vs_tsmc

    samsung_vs_tsmc
     
    TSMCよりも良品率が低いと噂されるSamsungの4nmプロセスに関し、韓国メディアThe Elecが、良品率はTSMCの半分にとどまると報じました。

    100個中、65個が不良品

    The Elecによれば、Samsungの4nmプロセスでの良品率は35%とのことで、同プロセスでのTSMCの良品率70%と比べると半分にとどまるようです。
     
    Snapdragon 8 Gen 1の製造では、100個のうち65個が不良で、使えるのは35個と安定供給には程遠い数値だとThe Elecは述べています。
     
    こうしたことから、QualcommはSnapdragon 8 Gen 1 Plusの製造を全数、TSMCに委託することに決定したと同メディアは伝えています。
     
    システム・オン・チップの製造委託数を削減した分、QualcommはSamsungの7nmプロセスで製造するRFモデムの発注数を増やしたとみられています。

    Exynos 2200の良品率はもっと低い

    良品率35%のSnapdragon 8 Gen 1に対し、Exynos 2200の良品率はもっと低いようです。この違いについてThe Elecは、QualcommがSamsungの製造ラインに技術者を派遣し、問題の改善にあたっているからと説明しています。
     
    ただし、半導体不足の状況下でこの状態はもう看過できないとQualcommが判断したことが、Samsungの最新プロセスからの離脱に繋がったようです。
     
    Samsung自身もこの状況を懸念しているようで、同社はファウンドリ事業部の内部監査に着手したとThe Elecは伝えています。
     
     
    Source:The Elec via Wccftech
    Photo:Notebookcheck
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次