2022年2月23日00:00公開 / 2022年3月1日18:54更新

読了まで 140

TSMCとSamsungの最先端プロセス開発競争は良品率が勝敗を決める〜海外メディア


 
台湾メディアDigiTimesが、TSMCとSamsung最先端プロセス開発競争は、良品率が勝敗を決めると伝えました。

両社の最新プロセスは、3nmに

TSMCとSamsungは、2022年後半に最先端プロセスである3nmプロセスでの半導体生産を開始する予定です。
 
両社の3nmプロセスについてDigiTimesは、良品率が勝敗を決めると述べています。

Qualcommは製造委託先をSamsungからTSMCに変更か

現在、Samsungの4nmプロセスではSnapdragon 8 Gen 1が製造されています。同チップの製造において良品率が低いことから、Qualcommは製造委託先をTSMCに変更することを検討していると噂されています。
 
TSMCの4nmプロセスではiPhone14 Proシリーズ用A16チップが製造されるとみられています。Qualcommも次期ハイエンドチップであるSnapdragon 8 Gen 1 Plus(Snapdragon 8 Gen 1+との噂も)の製造は、TSMCの4nmプロセスで行うとの情報がありました。
 
Samsungが、現在の不利な状況を改善できるか注目されています。
 
 
Source:DigiTimes
(FT729)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる