Apple TV+、米大手映画製作会社Skydanceと複数年契約へ - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple TV+、米大手映画製作会社Skydanceと複数年契約へ
2022年1月23日 00時23分

読了まで 211

Apple TV+、米大手映画製作会社Skydanceと複数年契約へ

Apple TV+


 
米大手映画製作会社Skydance MediaとAppleが、新たに複数年契約を結んだことが分かりました。

Netflixに評判作品を送り込んできた製作会社

21年2月にもAppleSkydance Animationと複数年のパートナー契約を結び、映画「Luck」(2022年2月公開)「Spellbound」といった作品の配信準備を進めていますが、今回のSkydance Mediaとの契約は別となります。
 
Skydanceは「トップガン マーヴェリック」や近年の「ミッション:インポッシブル」の製作などで知られますが、Netflixにもこれまで複数の作品を提供してきました。
 
例えば、人気俳優ライアン・レイノルズを主演に迎えた「6アンダーグラウンド」やシャーリーズ・セロン主演「オールド・ガード」は、いずれもNetflixオリジナル映画となっています。それだけに、AppleがSkydanceとの複数年契約を結んだことで、Apple TV+のラインナップがさらに拡充されることが大きく期待できるでしょう。

Apple TV+の快進撃なるか

NetflixやHulu、Amazon Prime、Disney+といったライバルに比べると、Apple TV+は配給作品の数に欠けているとの指摘がしばしば聞かれます。
 
そのため、Apple製品という巨大なプラットフォームを最初から手にしていながら、2021年第2四半期(4月〜6月)の時点では、Apple TV+のストリーミング配信市場におけるシェアは、わずか3%に留まっています(2026年には2%に低下するとの予測も出ています)。
 
Appleは当初より“量より質”を掲げ、Netflixとは差別化を図っていく方針を明らかにしてきましたが、先日発表されたゴールデングローブ賞でも、主だった作品では独自ドラマ「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」の主演ジェイソン・サダイキスが、昨年に続いて主演男優賞を獲得したのみでした。
 
したがって、Skydanceとの複数年契約は、苦戦した状況を打開するための積極的な攻めの姿勢だと考えることができるでしょう。思わずApple TV+を契約せずにはいられないような作品を、数多く用意することがストリーミング配信事業での勝利においては急務です。
 
 
Source:iMore
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる