トップページ > 最新情報 > 2021年第2四半期のApple TV+のシェアは3%。Netflixがトップ
2021年7月30日 09時26分

読了まで 20

2021年第2四半期のApple TV+のシェアは3%。Netflixがトップ

Apple TV+


 
Apple TV+は、今年の11月でサービス開始から2年が経過しますが、「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」のようなヒットドラマや受賞歴のある作品がある一方で、サービスの普及には苦戦を強いられています。
 
現地時間7月29日、動画配信サービス比較サイト「JustWatch」が発表した2021年第2四半期(4月~6月)の動画配信サービスの市場シェアに関するレポートによると、Apple TV+のシェアは3%にとどまっていることが明らかとなりました。

Apple TV+の市場シェアは3%

今年1月に、JustWatchが行った調査では、Apple TV+の市場シェアは3%とされていました。これは2020年9月に、調査会社「Canalys」が発表したものよりも1%増加しています。
 
Apple TV+の普及が進まない理由については、Netflix、Amazon、Disney+などと比較すると、コンテンツが圧倒的に少ないためだと考えられています。
 
JustWatchが発表した2021年第2四半期のストリーミングサービスに関するレポートによると、Apple TV+の市場シェアは米国でわずか3%に留まっています。Netflixが28%のシェアを獲得しトップに立ち、次いでAmazon Primeが20%、Disney+が14%、Huluが13%という結果となっています。
 
しかし、今年の第1四半期(1月~3月)と比較すると、Netflixは3%、Amazonは2%のシェアダウンとなりました。
 
2021年第2四半期の市場シェアは、ほとんどのサービスで下降または横ばいの傾向が見られますが、Disney+と他のカテゴリのシェアは増加しています。
 
Apple TV+のシェアは、1月から2月にかけて若干の落ち込みがあったものの、それ以降は、ほぼ横ばいの結果となりました。
 
 
Source:JustWatch via 9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる