トップページ > iPad Air > iPad Air(第5世代)はどうなる?A16搭載など海外メディアが予想
2022年1月8日 17時50分

読了まで 149

iPad Air(第5世代)はどうなる?A16搭載など海外メディアが予想

iPad Air 5 MTT


 
9to5Macが、iPad Air(第5世代)がiPad Air(第4世代)と比べてどのように進化するか予想しています。

iPad Air(第5世代)の改良点は

iPad Air(第5世代)は液晶ディスプレイではなく有機ELディスプレイを搭載すると噂されていましたが、その後、この計画は中止されたようです。
 
9to5Macは、iPad Air(第5世代)に関する改良点を下記のように予想しています。
 

  • 搭載されるシステム・オン・チップ(SoC)はA16
  • 5Gに対応
  • フロントカメラの画素数が、700万画素から1,200万画素に進化
  • センターフレーム(Center Stage)に対応
  • リアカメラのフラッシュが、クアッドLED True Toneフラッシュにアップグレード
  • 1080pの動画撮影において、対応するフレームレートが増える
  • リアカメラが、2眼になる
  • スピーカーの数が、2つから4つに増加
  • 販売価格はiPad Air(第4世代)と同じ

 

iPad Air(第5世代)はいつ発表される?

9to5MacはiPad Air(第5世代)の登場時期を2022年秋と予想していますが、Macworldは2022年春と予想していました。
 
また、iPad Air(第5世代)が搭載するSoCについてもMacworldはA15 Bionicと伝えており、9to5Macの予想と異なっています。
 
 
Source:9to5Mac via MacDailyNews
Photo:Matt Talks Tech/YouTube
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる