トップページ > 最新情報 > OLED搭載iPadが2022年と2023年に発売〜AirとProを順次切り替えか
2021年7月16日 10時27分

読了まで 22

OLED搭載iPadが2022年と2023年に発売〜AirとProを順次切り替えか

iPad Pro OLED


 
韓国メディアThe Elecが、Samsung Displayが2022年のiPad向けに、LG Displayが2023年のiPad向けに有機EL(OLED)ディスプレイを供給すると報じました。

Appleがサプライヤーに、仕様要求書を提出済み?

The Elecは、OLEDディスプレイに関する業界動向を報じる中で、Samsung DisplayとLG Displayの製造見通しを説明しています。
 
この中で同メディアは、Samsung Displayが2022年にiPad向けに、LG Displayは2023年に発売されるiPad向けにOLEDディスプレイを供給する可能性が高いと記しています。
 
The Elecによれば、Appleはサプライヤーに対し、2023年発売予定のiPadには2層構造(赤、緑、青の発光層を2層重ねた構造)のOLEDディスプレイパネルを供給するよう依頼したとのことです。
 
2層構造のOLEDディスプレイパネルでは、輝度が2倍、寿命は4倍になることでスマートフォンよりも長く使われるタブレット端末で有効だとThe Elecは説明しています。

廉価パネルをiPad Airに、2層構造のパネルをiPad Proに搭載か

ただし、Samsung Displayが2022年にiPad向けとして供給するのは、単層構造のOLEDディスプレイパネルのようです。
 
Appleは2022年にiPad Airを、2023年にiPad Proの搭載ディスプレイをOLEDに切り替えると噂されています。
 
ただし、ミニLEDバックライト搭載ディスプレイ(以下、ミニLEDディスプレイ)採用機種を拡大するという情報もありますので、ディスプレイパネルが異なる2種類のiPadを販売するのか、ミニLEDディスプレイを短期間でOLEDに切り替えるのか気になるところです。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる