初代iPodのプロトタイプ画像が公開、「iPodの父」も本物と認める

    初代iPod プロトタイプ

    初代iPod プロトタイプ
     
    20年前に発表された初代iPodプロトタイプ画像が公開されました。巨大な黄色いケースにスイッチ類が取り付けられており、正式発表直前の試作品であることがわかります。「iPodの父」と呼ばれるトニー・ファデル氏も実在したプロトタイプだと認めています。

    巨大な黄色いケースに入った初代iPodプロトタイプ

    先日、発表から20周年を迎えた初代iPodプロトタイプ画像を、ソフトウェア開発企業Panicが公開しました。
     
    黄色いケースには、小さなディスプレイ、ホイールのようなスイッチ、上下左右への移動を示す黒いボタンが並び、接続用ポートがむき出しになっています。
     
    初代iPod プロトタイプ
     
    初代iPodを上に載せて比較すると、サイズの違いがわかります。
     
    初代iPod プロトタイプ
     

    正式発表直前のプロトタイプを示す日付も

    ケースを開けると、ディスプレイとスイッチ類以外、ほぼ空洞です。
     
    初代iPod プロトタイプ
     
    ディスプレイの裏側に貼られたシールには、2001年9月3日と、初代iPod発表まで1カ月あまりの段階で制作された、ほぼ最終段階のプロトタイプであることがわかります。
     
    初代iPod プロトタイプ
     
    バグ修正に使われるJTAGポートも確認できます。
     
    初代iPod プロトタイプ
     

    「iPodの父」ファデル氏が本物と認める

    初代iPod開発の中心人物で「iPodの父」と呼ばれるトニー・ファデル氏はTwitterで、このプロトタイプが「P68/Dulcimer」と呼ばれていたもので、実際の筐体が準備できるまでの間、機密情報が漏れるのを防ぐために作成したものだと語っています。
     
    また、ホイール状のスイッチは、満足のいくものではないものの実際に動作したそうです。
     


     
     
    Source:Panic via 9to5Mac
    (hato)

     
     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次