トップページ > 最新情報 > 古いPCにWindows 11を入れたらどうなる?~Microsoftが文書を公開
2021年10月6日 13時26分

読了まで 215

古いPCにWindows 11を入れたらどうなる?~Microsoftが文書を公開

Windows 11の画像


 
10月5日にリリースされたMicrosoftの最新OSであるWindows 11は、厳しい最小システム要件を持つことでも知られています。
 
もし最小要件を満たしていない古いパソコンにWindows 11をインストールしたらどうなるかについて、Microsoftが公式文書を公開しました

セキュリティ更新プログラムが受け取れない可能性がある

Microsoftの文書によると、まず、最小システム要件を満たさないデバイスにWindows 11をインストールすることは推奨されないとしています。
 
不適格なハードウェアにWindows 11をインストールする場合は、互換性の問題が発生するリスクを想定しておく必要があるとのことです。
 
また、互換性やその他の問題により、デバイスが正しく機能しない可能性があるともしています。
 
さらに、システム要件を満たしていないデバイスは、セキュリティ更新プログラムを含む更新プログラムを受け取ることが保証されなくなるとしており、セキュリティ上のリスクが発生する可能性があるとのことです。

免責事項が適用される

もし最小システム要件を満たしていないデバイスにWindows 11をインストールした場合は、以下の免責事項が適用されるとのことです。
 
Windows 11を最小システム要件を満たしていないパソコンにいインストールする際の免責事項
 
このなかでは、前述のリスクのほか、パソコンの損害が製造元の保証ではカバーされないことが書かれています。
 
この免責事項に「承諾」することでWindows 11をインストールできるようにも見えますが、筆者が手持ちの古いパソコンに対して「Windows 11 インストール アシスタント」を実行したところ、「このPCは、Windows 11をインストールするための最低システム要件を満たしていません」と表示され、上記の免責事項は表示されず、インストールすることができませんでした。
 
どのようにすれば上記の免責事項が表示されるかについては。この文書では明らかにされていません。
 
Windows 11は10月5日にリリースされ、最低システム要件を満たしたパソコンは順次アップデートの対象となります。
 
しかしながら、エクスプローラーにメモリリークの不具合の可能性があったり、ゲーム性能が低下する可能性があったりするなど、さまざまな問題が報告されています。

 
 
Source: Microsoft via Windows Latest
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる