トップページ > iOS > iOS15.0.1公開 Apple Watchでロック解除ができない問題を修正
2021年10月2日 05時48分

読了まで 147

iOS15.0.1公開 Apple Watchでロック解除ができない問題を修正

iOS15.0.1


 
Appleは10月2日(日本時間)、iOS15.0.1を公開しました。このバージョンでは一部のiPhone13ユーザーがApple Watchでのロック解除ができない問題などが修正されています。

ソフトウェアの更新で解決

iPhone13シリーズの発売直後からApple WatchとiPhoneを組み合わせて使うことで、マスク着用時にFace IDによるロック解除をパスできる機能が使えなくなったとの報告がSNSなどに多数上がっていました。Appleもこの問題を確認し、ソフトウェアのアップデートで問題を解決するとアナウンスしていましたが、本日公開されたiOS15.0.1でバグが修正されました。
 
iOS15.0.1ではこれ以外にも設定アプリで「空き容量が残りわずかです」と誤った警告が表示されることがある問題も修正されています。今回のアップデートはマイナーアップデートであるため新機能は盛り込まれていませんが、iOSは常に最新バージョンに保つことが推奨されており、修正された問題に関係のないユーザーも早めにインストールしておくことをおすすめします。
 
以下、AppleのiOS15.0.1についての説明です。
 
このアップデートには、iPhone用のバグ修正が含まれます。

    * iPhone 13モデルで“Apple WatchでiPhoneのロック解除”が機能しないことがある問題
    * “設定” Appに間違って“空き容量が残りわずかです”という警告が表示されることがある問題

 
 
(KAZ)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる