トップページ > iOS > iOS15のバグ?一部ユーザーに「iPhoneの空き容量が残りわずか」との警告
2021年9月22日 22時45分

読了まで 225

iOS15のバグ?一部ユーザーに「iPhoneの空き容量が残りわずか」との警告

iOS15 「iPhoneの空き容量が残りわずかです」


 
iOS15にアップデートしたiPhoneで、ストレージに十分な空き容量があるにもかかわらず、「iPhoneの空き容量が残りわずかです」と表示される、と一部のユーザーが報告しています。iOS15のバグと考えられ、近日中に修正版が公開される可能性があります。
 
【追記】 日本時間10月2日に公開されたiOS15.0.1で、この問題が修正されています。

空き容量が十分なのに「iPhoneの空き容量が残りわずか」と警告

9月21日に公開されたiOS15やiPadOS15をインストールしたユーザーが、ストレージ容量に余裕があるのに「iPhoneの空き容量が残りわずかです」と表示される、とTwitterなどで報告しています。
 
以下のユーザーは、空き容量が19GBほどあるのに「空き容量が残りわずかです」と警告されると報告しています。
 


 
この警告はタップしても消すことができず、ユーザーが問題を解決することができません。
 
AppleのサポートアカウントはTwitterで、iPhoneを再起動するよう案内していますが、再起動しても改善しないことが多いようです
 


 


 

iOS15.0.1を公開して修正か

米メディアMacRumorsはこの現象について、iOS15のバグによってiPhone内のストレージ空き容量が誤って認識されているのだろう、と指摘しています。
 
Appleは開発者向けにiOS15.1のベータをリリースしていますが、不具合を修正したiOS15.0.1を緊急リリースする可能性もあります。
 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる