トップページ > Apple Watch > iOS15.1のベータ2でApple Watchのロック解除の不具合が修正
2021年9月29日 03時48分

読了まで 144

iOS15.1のベータ2でApple Watchのロック解除の不具合が修正

apple watch


 
iPhone13シリーズおよびiPhone13 ProシリーズとApple Watchの組み合わせで、マスク着用時のロック解除を有効化できない不具合が、iOS15.1のベータ2で修正されたようです。

watchOS8.1はベータ2にアプデする必要なし

フェイスマスクを装着した状態でiPhone13シリーズのロックを解除しようとすると、「Apple Watchと通信できません」と表示されたり、「Apple Watchでロック解除」の設定ができなかったりする問題が報告されていましたが、開発者向けに公開された最新iOSベータでバグが修正された模様です。
 
あるユーザーによれば、必要だったのはiOS15.1ベータ2へのアップデートのみで、watchOS8.1はベータ1のままで問題なかったとのことです。
 


 
iOS15.1では、iOS15の正式版からは取り払われた「SharePlay」も利用することができます。
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる