トップページ > 最新情報 > iOS/iPadOS15.1開発者向けベータで「SharePlay」が再び利用可能に
2021年9月22日 08時01分

読了まで 150

iOS/iPadOS15.1開発者向けベータで「SharePlay」が再び利用可能に

SharePlay


 
Appleは、現地時間2021年9月21日に公開したiOS15.1、iPadOS15.1、およびtvOS15.1の開発者向けベータで、「SharePlay」を再び有効化しました。

SharePlay、再び利用可能に

SharePlayをテストするために「SharePlay Development Profile」をダウンロードする必要はなくなりましたが、macOS Montereyユーザーの場合は、引き続き使用しなければならず、最新のmacOS Montereyベータ版へのアップデートが必要です。
 
SharePlayを使用すると、FaceTimeの通話中に友人や家族と一緒に映画を見たり音楽を聴いたりすることができ、ユーザーはFaceTimeで画面を共有することも可能です。
 
今年6月、iOS15ベータ2でSharePlayが利用可能となりました。しかし、8月にAppleは、iOS15のベータ版からSharePlayを無効化し、バグが多くリリースに間に合わないという理由で、一般公開されるiOS15の最初のバージョンにはこの機能は含まれないと発表していました。その間、Appleは「SharePlay Development Profile」を公開し、開発者がSharePlayを使ったアプリのテストを続けられるようにしました。
 
Appleは現地時間9月21日、iOS15.1、iPadOS15.1、watchOS8.1、およびtvOS15.1の開発者向けベータ、macOS Monterey開発者向けベータ7を公開しています。
 
 
Source:MacRumors,9to5Mac
(m7000)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる