トップページ > iOS > iOS15.1のパブリックベータ、早くも登場〜SharePlayやワクチンパスなど
2021年9月23日 03時17分

読了まで 154

iOS15.1のパブリックベータ、早くも登場〜SharePlayやワクチンパスなど

ios15


 
一般向けのiOS15が21日に公開されてから数日が経過した後、早くもAppleがiOS15.1のパブリックベータを新たに公開しました。

SharePlay復活やワクチンカードの登録がポイント

今回公開されたiOS15.1とiPadOS15.1のパブリックベータは、パブリックベータテスターとして登録しているユーザーであれば、誰でもインストールすることが可能です。
 
iOS15.1では、ベータ版の段階では存在したものの、一般向けのiOS15では削除されていた機能が再びテストされているようです。例えば、FaceTimeを通じて友人や家族とともに動画や音楽の視聴が可能な「SharePlay」が、共有プレイリストやテレビ番組の同期といった機能を追加する形で復活しています。
 
ニュースサイトMacRumorsによると、Appleは依然としてバグを解消していないとのことで、一般向けのOSで実装されるのはまだ先のこととなりそうですが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の時代でこそ求められている機能でもあります。
 
他にも、iOS15.1ではHomePodとHomePod mini向けにLossless Audio(ロスレスオーディオ)とDolby Atmos with Spatial Audio(空間オーディオ)のサポートが追加され、音質の良さに磨きが掛かっています。すでにiPhoneやiPad、Macなどではいずれもサポートされています。
 
他にも米国を始めとする一部地域では、「ヘルス」アプリを経由してコロナウイルスのワクチン接種記録をインポートすることで、「ウォレット」にワクチンカードを追加することができるようになっています。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)

カテゴリ : iOS, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる