iPhoneのカメラ開発チーム「ソフトとハードの連携が最大の武器」 - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > iPhoneのカメラ開発チーム「ソフトとハードの連携が最大の武器」
2021年9月28日 10時20分

読了まで 220

iPhoneのカメラ開発チーム「ソフトとハードの連携が最大の武器」

iPhone13のカメラの画像


 
iPhone13シリーズの発売に際し、従来モデルから大きく進化したカメラを開発したチームの幹部がポッドキャストのインタビューに応じています。その中で3人の幹部は独自に開発しているハードウェアとソフトウェアが相互に補完し合う関係となっているのがiPhoneのカメラの特徴になっていると語っています。

ハードとソフトの緊密な連携

AppleのワールドワイドiPhoneマーケティング担当のカイアン・ドランスさん、カメラソフトウェア担当のジョン・マコーマックさん、カメラハードウェア担当のグラハム・タウンセンドさんの3人がポッドキャスト番組のインタビューに応じています。それぞれが担当分野で深くiPhoneのカメラの開発に携わっており、他社スマートフォンには実現できない特徴を語っています。
 



 
ハードウェア担当のタウンセンドさんはカメラの開発初期段階からソフトウェアと緊密に連携して設計が進められ、レンズやセンサーを含めてハードウェア全体がソフトウェアの処理を補完するように特別に設計されていると説明しています。そのためレンズが光を捉え、センサーが認識し、チップがそれを処理し、画像ファイルとして保存する、この全ての行程の情報をソフトウェアチームが画像を処理するために使うデータとして提供できるとしています。
 
ソフトウェア担当のマコーマックさんは、A15の高度な処理能力は機械学習による処理能力を大幅に向上させたとしています。この処理能力は写真だけでなく、動画にも使えるほどであり、動画の1コマ1コマを、さらに分割してリアルタイムで被写体ごとに処理できるようになっています。そのためこれまでにないほどの鮮明で精緻な動画を得られるようになったと語っています。
 
シネマティック
 
写真、動画、双方ともソフトウェアの開発、ハードウェアの開発が一体となって行われているからこそ、iPhoneでしかできない鮮明で印象的な作品の撮影が可能になっているということなのでしょう。iPhone13 Proのカメラ機能はより高度な写真、動画の撮影に対応し、iPhone13のカメラは誰でも気軽に美しい写真が撮れるように進化しているのはレビュー記事からも確認可能です。
 
 
Source:AppleInsider
(KAZ)
 
 

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる