トップページ > iPhone13 Pro > iPhone13 Proを分解!X線写真も
2021年9月25日 17時37分

読了まで 231

iPhone13 Proを分解!X線写真も

iphone13 pro 分解


 
デバイスの分解で知られるiFixitが、iPhone13 Pro分解を試みました。中を開けてみてわかったことはあったのでしょうか?

カメラ配列は前モデルと同じ

iphone13 pro 分解
 
iPhone13 Proの概要は、以下のとおりです。
 

  • 新しい5コアGPU、6コアCPU、16コアNeural Engineを搭載したA15 Bionic SoC
  • 6.1インチ(2,532 × 1,170ピクセル) Super Retina XDR OLEDディスプレイ(ProMotion搭載)
  • 超広角(ƒ/1.8)、広角(ƒ/1.5)、3倍望遠(ƒ/2.8)の12MPトリプルカメラシステム、LiDARモジュールを搭載
  • 6GBのRAMと128GBのストレージ(最大1TBまで設定可能)を搭載
  • サブ6GHz 5G(米国モデルではミリ波)、4×4 MIMO LTE、2×2 MIMO 802.11ax Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0、Ultra Wideband、NFC
  • MagSafe 15Wワイヤレス充電
  • IP68準拠の防水性能

 
X線写真を見ると、L字型のバッテリー、イメージセンサー用の安定化磁石、小さなロジックボード、さらには小型のTaptic Engineが見えます。iPhone13 Proの外観は、昨年のモデルに比べて少し膨らんでいるように見えます。カメラ突起が大きくなっており、平らな面に置くことができません。これは12 Proでも同じでしたが、iFixitは「ため息が出る」とコメントしています。
 
iphone13 pro 分解
 
iPhone13 Proの筐体は、12 Proと同じ方法で開けることができたそうです。デジタイザーとディスプレイのケーブルが合体しているようです。上側のセンサーケーブルは、上部で独立していますが、「恐ろしく細く、短い」とのことです。
 
iphone13 pro 分解
 
これまでディスプレイの背面に固定されていたイヤースピーカーが、今回のモデルでは筐体の内部に収納され、画面の交換が容易になりました。同時に、壊れたスピーカーを交換するのにロジックボード全体を取り出さなければならなくなりました。
 
iphone13 pro 分解
 
13 Proでは、Face IDのフラッドイルミネーターとドットプロジェクターが1つのモジュールに統合されたことにより、ノッチの幅が12 Proに比べて20%狭くなっています。
 
今年のProのカメラ配列は前モデルと同じに見えます。「これではアップグレードしたことがわからない」と、iFixitは述べています。
 
iphone13 pro 分解
 
 
Source:iFixit
(lexi)
 
 

カテゴリ : iPhone13 Pro, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる