トップページ > 最新情報 > デュアルSIM利用で緊急通報できない問題、iPhone13シリーズでも発生
2021年9月25日 06時11分

読了まで 231

デュアルSIM利用で緊急通報できない問題、iPhone13シリーズでも発生

デュアルSIM


 
大手キャリア3社が9月10日に明らかにした「eSIMに対応したiPhoneでデュアルSIM機能を利用する際、特定の条件下で緊急機関への発信ができない場合がある」という不具合が、9月24日に発売されたばかりのiPhone13シリーズでも発生していることが判明しました。

iPhone13シリーズでも問題が発生

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは9月10日、eSIM対応のiPhoneでデュアルSIM機能を利用する際、データ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」用の回線に設定していると、110、118、119といった緊急機関への発信ができなくなる不具合が発生していると発表していました。
 
そしてNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの各社は9月24日にデュアルSIM利用に関する注意事項のページを更新し、上記の不具合が発生する可能性のある機種として、iPhone13、iPhone13 mini、iPhone13 Pro、iPhone13 Pro Maxを追加しました。
 
現在、緊急機関への発信ができなくなる不具合が判明している機種(eSIM対応のiPhoneシリーズ)は以下の15機種です。
 

  • iPhone XS/iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone11
  • iPhone11 Pro/Pro Max
  • iPhone SE (第2世代)
  • iPhone12/12 mini
  • iPhone12 Pro/Pro Max
  • iPhone13/13 mini
  • iPhone13 Pro/Pro Max

 
現時点で原因等はわかっていませんが、この不具合はiPhone特有のものであり、Android機種では確認されていません。

対処方法について

NTTドコモとKDDI(au)は、今回の不具合が起きた場合は「モバイルデータ通信」用の回線に「音声通話可能なSIM回線」を設定することで緊急機関への発信が行えるようになるとしています。
 
ソフトバンクは、音声回線にSoftBank/Y!mobile/LINEMOの音声通話が利用可能なSIM回線を設定している場合は、電話番号の冒頭に186をつけて発信すると緊急機関への発信が可能になるとしています。
 
SoftBank/Y!mobile/LINEMO以外のSIM回線を音声回線に設定している場合は、「モバイルデータ通信」用の回線に音声通話可能なSIM回線を設定するよう説明しています。

 
 
Source:NTTドコモ, ソフトバンク, KDDI(au)
Photo:Apple
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる