トップページ > iPhone SE(第2世代) > 日本での5Gスマホ出荷台数、2021年上半期に43.2%に達する~iPhoneが好調
2021年9月24日 09時26分

読了まで 215

日本での5Gスマホ出荷台数、2021年上半期に43.2%に達する~iPhoneが好調

日本の地下鉄車内の画像


 
高速な5G通信は世界中で普及が進んでいますが、日本でも普及が大きく進んでいるようです。
 
2021年上半期の5G通信対応スマートフォンの出荷台数の割合は43.2%に達しました。特にAppleのiPhone12シリーズが強いようです。

43.2%に達した日本の5Gスマホ出荷台数の割合

調査会社のCounterpointによると、2021年上半期に日本で出荷された5G通信対応スマートフォンの割合は、全体の43.2%に達したとのことです。
 
日本における5Gスマホ出荷台数の割合
 
この割合は2020年上半期には2.1%、2020年下半期には26.3%だったのに対し、大きく伸びています。
 
また、2021年上半期のスマートフォン出荷台数は前年同期比27%増の1,970万台となりましたが、これは4G通信対応スマートフォンから5G通信対応スマートフォンへの買い替え需要によるものと考えられます。

iPhone12一強の状況が変化

2020年下半期において5G通信対応スマートフォン市場を牽引したのはiPhone12シリーズでした。
 
Appleは日本で50%近いスマートフォン市場シェアを維持しています。
 
しかしながら、その状況は2021年上半期になると変化し、低価格帯および中価格帯の5G通信対応スマートフォンが急成長しました。
 
日本における5Gスマホの価格帯別シェアの割合
 
これにより、日本のスマートフォン市場はすべての価格帯において5G通信対応スマートフォンが順調に浸透しているとのことです。

iPhone13シリーズが市場をリード

Appleは第2世代iPhone SEが好調で、2021年上半期において日本でのベストセラーモデルとなりました。
 
また、iPhone12シリーズは800ドル(約88,272円)以上の価格帯で62%のシェアを記録し、好調を維持しました。
 
2021年下半期はiPhone13シリーズが日本市場をリードするとみられています。

 
 
Source: Counterpoint
(ハウザー)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる