トップページ > 最新情報 > iOS/iPadOS15.1、watchOS8.1など各種開発者向けベータが公開
2021年9月22日 03時36分

読了まで 148

iOS/iPadOS15.1、watchOS8.1など各種開発者向けベータが公開

ios-15.1-beta-1


 
Appleが現地時間2021年9月21日、iOS15.1、iPadOS15.1、watchOS8.1、およびtvOS15.1の開発者向けベータ、macOS Monterey開発者向けベータ7を公開しました。

SharePlayのテスト開始とバグフィックス中心?

iOS15.1開発者向けベータについてMacRumorsは、「SMART Health Cards」の仕様にもとづき、カリフォルニア州において新型コロナウイルス感染症予防ワクチン接種済証明書をWalletに追加できるようになっていると報告しています。
 
同メディアによれば、iOS15.1、iPadOS15.1、tvOS15.1の各開発者向けベータと、macOS Monterey開発者向けベータ7でSharePlayが利用可能になっているようです。
 
SharePlayは、ユーザーがFaceTimeを介して友人と一緒に音楽を聴いたり、テレビを見たり、Apple Fitness+のワークアウトを行ったりする機能です。
 
今回公開された開発者向けベータ版のビルド番号をAppleInsiderが報告、各ビルド番号はiOS/iPadOS15.1開発者向けベータが「19B5042h」、tvOS15.1開発者向けベータが「19J5542e」、watchOS8.1開発者向けベータが「19R5541f」です。
 
 
Source:MacRumors (1), (2), (3), (4), (5), (6), AppleInsider, Wccftech
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる