トップページ > 最新情報 > iOS15.1でワクチンパスポートのWalletアプリへの保存に対応
2021年9月22日 09時45分

読了まで 26

iOS15.1でワクチンパスポートのWalletアプリへの保存に対応

iOS15.1


 
Appleは日本時間本日未明に開発者向けにiOS15.1の最初のベータ版を公開しました。このiOS15.1では、Walletアプリに新型コロナウイルスのワクチン接種を証明するワクチンパスポートが保存可能になっています。

SMART Health Cards

iOS15では、新型コロナウイルスのワクチン接種履歴検査結果をヘルスケアアプリにダウンロード、保存することが可能になりました。これに加えてiOS15.1ではWalletアプリにワクチン接種を証明するいわゆるワクチンパスポートの保存、表示が可能になることが判明しています。
 
AppleはSMART Health Card仕様を使ってこの機能を提供します。そのため医療機関や保健当局がこの仕様に対応する接種証明を発行していれば円滑にiPhoneのWalletアプリにワクチンパスポートが保存できるようになります。
 
Walletアプリに保存されたワクチンパスポートの情報は航空会社、イベント会場などワクチン接種証明を要求するサードパーティアプリと共有することも可能となり、ワクチン接種者に対する航空券の予約、イベントチケットの販売などに応用されることになります。またアプリと情報を共有する以外にも単純にWalletアプリの画面(QRコード)を提示することでもでき、幅広い活用が期待できます。

日本でのワクチンパスポート

ワクチンパスポートをデジタル化する計画は日本でも進められています。現時点で日本がどのような仕様に基づいてデジタル化するかは不透明ですが、Appleが提供するプラットフォームが使えるなら、これを活用した方が迅速なリリースが可能でありユーザーにとってもメリットは大きいでしょう。
 
ワクチンパスポート イメージ
 
また世界中で幅広く使われている仕様に基づいて作られたワクチンパスポートであれば、海外の航空会社の航空券予約やイベントチケットの購入などでも、新たに証明を取る必要はなくなります。利用者の利便性を考えれば、ワクチン接種証明に独自プラットフォームを構築するよりもAppleが採用するSMART Health Cardの仕様を利用するのがベストなのは確かです。
 
 
Source:9to5Mac
(KAZ)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる